会社案内

会社名 株式会社マルイチ
代表取締役 兵頭 一孝
本社所在地 神奈川県厚木市酒井3162
マルイチビルヂング7F
TEL 046-220-1701
FAX 046-220-1700
創業 昭和38年6月1日
会社設立 昭和41年8月4日
資本金 1億円
事業内容 物流緩衝材(ロールマット等)、
トラックシートの製造及び販売、
物流機器の製造及び販売
従業員数 24人
取引銀行 三菱UFJ銀行 鶴見駅前支店
みずほ銀行 鶴見支店
りそな銀行 鶴見支店
城南信用金庫 厚木支店
受賞履歴 ◆2015年度 グッドデザイン賞
 『ロジボード』『ケースロック』ダブル受賞
◆平成27年度神奈川県優良小規模企業者表彰受彰
◆2015年度 日本SCM大賞
 最優秀企業(製品部門:ケースロック)受賞
特許 第5478766号『キャスターストッパ』取得
第5593431号『中仕切りパネル』取得
意匠権 第1476375号『輸送用緩衝材』取得
第1476222号『輸送用緩衝材』取得
第1530259号『荷崩れ防止ベルト』取得
第1530260号『荷崩れ防止ベルト』取得
実用新案権 第3175911号『緩衝材』取得
第3196067号『輸送用緩衝材』取得
商標登録 第5509334号『Logi-Board』取得
第5584626号『物流魂』取得
第5944138号『キャスパー』取得
第5944139号『ロールマット』取得
認証 ISO 9001:2000認証取得
主な取引先 (株)アドバンテスト
いすゞ自動車首都圏(株)
(株)エヌ・ティ・ティ・ロジスコ
(株)大崎
(株)オリンピック
神奈川三菱ふそう自動車販売(株)
(株)合通
(株)京王プラザホテル
鴻池運輸(株)
コカ・コーラボトラーズジャパン(株)
(株)山九グループ
山陽自動車運送(株)
ジェイティ物流(株)
センコー(株)
(株)新開トランスポートシステムズ
東京エレクトロンBP(株)
(株)東京精密
東芝燃料電池システム(株)
東部ネットワーク(株)
トラスコ中山(株)
日通NECロジスティクス(株)
日通商事(株)
日本貨物鉄道(株)(JR貨物)
(国研)日本原子力研究開発機構
日本フルハーフ(株)
(株)バンテック
ファナック興産(株)
富士運輸(株)
(株)丸運
丸全昭和運輸(株)
三菱電機ロジスティクス(株)
(株)明電舎
名糖運輸(株)
ヤマトオートワークス(株)
UDトラックス(株)
(株)横浜スタジアム
横浜低温流通(株)
横浜日野自動車(株)
(株)リーガロイヤルホテル
(株)レント

敬称略・五十音順

軌跡

企業理念

マルイチでは製品を製作する際に必要な原材料である生地、発泡材はもとより、養生板で使用する樹脂や金属に至るまで日本製品を基本とし、加工・その他に及ぶ工程も国内にて行っております。
お客様に日々ご使用して頂く上で「迷惑が掛からないよう安心・安全な製品を提供する」という考えを追求した結果、海外製品に比べ品質や耐久性に優れ長期使用が可能な日本製品を提供するという結論に至りました。
また、多くのお客様に高品質な製品をご使用頂ける様、製品を規格化し、原材料の大量発注を行う事でコストを下げ、お求め易い価格で提供する事を実現。これからも安心・安全な製品にこだわり続け、お客様にメイド イン ジャパンをお届け致します。

何も足さない、何も引かない
シーンに応じたプロの提案

株式会社マルイチは、純国産高品質主義を掲げ、品質面での妥協を許さず、お客様にとってベストの商品をご提供することにこだわり続けております。
「何も足さない、何も引かない」を信条とし、無暗に高品質の製品を提案するのではなく、常にお客様の立場や、ご使用されるシーンに応じたご提案をいたします。
長期使用が望まれ、フラッタリングの影響を受けやすいトラックシートや、耐候性や強度が求められる緩衝材は品質に優れた国産材料で製造し、表皮の巻き直しや部分補修など万全のアフターケア体制で長期使用をバックアップ。「これなら安い」とご納得いただける製品、サービスをご提供いたします。
一方で、野積みシートなど短期的な保管に使用するものや使用頻度が低く輸入品や国産無印製品でも充分に役割を果たせるものについてはお求めやすい安価なものをご提案いたします。
お客様の視点に立った最適な選択肢を、確かな経験と実績を基に、プロとしてのご提案させていただくこと。それがマルイチの理念です。

+αの法則
機能美へのこだわり

物流業界では実用性に特化した「消耗品」としての物流資材が流通し、それがこれまで当たり前とされてきました。業務効率を上げるためコスト面や作業性を追求する反面、デザインの良さや美しさは二の次となり、他の業界に比べてクリエイティブな側面を盛り上げようという機運は後発的でした。マルイチはそのような今までの常識や慣例を覆す+αの要素として「機能美」にこだわり続けています。

きのうび【機能美】
無駄のない形態・構造を追求した結果、自然に現れる美しさ。

現在一般的に使われている物流資材に無駄な部分はないか、もっと簡単に、軽く速く使いやすくする方法はないか。試行錯誤を繰り返し、設計・製造されたマルイチの製品は、あらゆるパーツが本来の役割以上の機能を発揮し、従来あった物流資材とは一線を画する美しさを兼ね備えていると自負しております。
このたゆまぬ取り組みが実を結んだ一つの結果が、物流資材としては業界初の『ケースロック』『ロジボード』2015年度グッドデザイン賞W受賞ではないかと弊社は考えています。あらゆる分野から選出される「優秀なデザイン」の中に物流資材として名を連ねた事実は、今後の物流業界に「デザイン」を意識する新たな方向を創っていくきっかけになると考えております。機能性はもちろん、これまで物流資材とは縁遠いと考えられてきたデザイン性や遊び心を製品に持たせることで、輸送の現場を明るく快適な作業空間にして行くこと。それが私たちマルイチの願いであり、目指す未来です。

弊社はこれまで、発泡プラスチックフォームの輸送用緩衝材への実用化、導電性を付与した養生板や、ゴム製キャスターストッパーの開発など、今ではスタンダードなものとして使用されている製品を開発し、ユーザーの皆様とともに新しい時代の扉を開いて参りました。
弊社はこれからも物流資材のパイオニアとしてあり続けたいという思いから「+αの法則」より生み出される「機能美」を提供し続けられるよう、新たな開発を続け、輸送にクリエイティブな空間を創造していきたいと考えております。

工場

創業1963年。製造業としての誇り―
本社ビルに内包された工場

マルイチは1963年創業。日本最大級の物流拠点の1つである神奈川県厚木市に本社ビルを構える物流資材の製造会社です。
外観は一見するとオフィスビルのようですが、うち3フロアが製造部となっており、開発・製造のための様々な機材を備えた工場機能を内包しています。全ての部署がひとつのビル内に集約されているため、各部署の連携を緊密かつスムーズに行うことができ、効率的な運営を可能としています。中でも試作品の開発を迅速に遂行できるのが最大のメリットで、高い精度を持ってお客様のニーズに応えることができるこの環境が、機能美にあふれた様々な製品を生み出しています。
弊社は物流資材のパイオニアとしてそれまでの業界の常識や慣例にとらわれず数々の製品の開発・製造・販売を手がけてきました。
自社工場を完備した製造会社として創業以来積み重ねてきた3000件を超えるエンドユーザー様とのお付き合い。弊社は、物流の現場にいるお客様より寄せられる要望こそが、良いものづくりのため、新たなアイディアを生み出すために必要不可欠なものであり、何物にも代えられぬ財産だと考えております。

トラック輸送用ハイエンド緩衝材
本物の『ロールマット』

弊社オリジナル製品『ロールマット』は発泡材の中でも特に優れた緩衝性、形状回復性を持つ「旭化成サンテックフォーム」を芯材に「国産ブランドターポリン」を表皮に使用することにより、耐候性、耐久性の劇的な改善を実現したトラック輸送用ハイエンド緩衝材です。1977年に新開運輸㈱(現㈱新開トランスポートシステムズ)との共同開発によって創り上げた製品です。
現在では同名の他社製品や海外製のものが多く存在するため、それらの製品との明確な差別化のため「コーションプレート」を用いて製品管理を行なっています。
『ロールマット』は元々精密機器や美術品などデリケートな品物の輸送に特化した緩衝材として使用されていましたが、現在ではより高い緩衝性を求めるお客様が増えていることや、企業のコンプライアンス意識の高まりによって一般の輸送でも広く使われています。

予期せぬ揺れや地震対策に最適
台車用キャスターストッパー『キャスパー』

現在、一般に普及しているキャスターストッパーは、マルイチの『キャスパー』が発祥です。隙間を空けずに不慮の揺れにも対応する極薄スリット式は、着脱の簡単さと安全性の高さを両立する“元祖”ならではのこだわり。輸送の現場で、一般家庭で、キャスター付き家具や台車の安全対策に『キャスパー』をご提案致します。さらに、化学合成ゴムを使用した新製品の『キャスパー EPDM』は天然ゴムに比べゴム痕の付着を軽減。ショッピングセンターや医療機関など、特に清潔感の要求される床材に最適。クリーンルームをはじめオフィスや一般家庭等でもご利用いただけます。『キャスパー』は台車だけでなく重量のある家具などへも手軽に設置可能で、地震対策にも最適。台車を使用した輸送時の予期せぬ事故やトラブルへの安全対策に最も効果的な製品です。

公表抵抗値104~6Ω
永久帯電防止製品 導電板『カイロン』

導電板『カイロン』は、マルイチが初めて開発した導電性を持つ養生板。高強度を持つバージン材のPP(ポリプロピレン)をベースとし、導電性に優れたカーボンを練り込むことで、接触した人や台車に帯電している静電気を外部へ逃がす事が出来るのが特徴です。導電板の性能は「抵抗値」で表され、日本空気清浄協会出典の「クリーンルームにおける静電気対策指針」には半導体を取り扱う工程では107Ω以下の導電性製品による対策が推奨されています。導電板『カイロン』の抵抗値は公表値104~6Ω、実測値では平均103Ωという高い導電性能を持っています。
帯電防止を謳う製品の中にはその機能が半永久的に持続する「永久帯電防止」製品と「揮発性帯電防止」製品が存在し、一般的な揮発性帯電防止製品は界面活性剤を使用して製品表面に帯電防止塗膜を付与していますが、これは時間経過とともに効果が消失してしまいます。導電板『カイロン』は永久帯電防止製品。原材料のPPに帯電防止剤のカーボンを練り込むことで持続的な効果を付与しています。
導電板『カイロン』は高品質な導電性と耐久性を長期にわたって発揮し続けることができる導電性養生板の決定版です。

原点は地域密着のトラックシート製造
製品の長期使用を支えるアフターケア態勢

マルイチの原点は、地域に密着したトラックシートの製造です。
お客様にシートをご使用頂く中で、破損の発生に対してはすぐに修理を行い、製品をより使いやすくするアイディアをご提案頂けば、迅速に製品へと反映。
お客様との関わりを大切にしながら、寄せられたご意見を積極的に製品開発に活かして参りました。
業務が多角化した現在においてもお客様との対話を重視する姿勢は変わりません。シート修理をはじめ、『ロールマット』や『タックボード』等ターポリン製品の表皮巻き直しによるリフォームなど、充実したアフターケア態勢で製品の長期使用を全面的にサポートいたします。
また、弊社工場は㈱キトーの技術認定制度によって認定を受け、レバーブロックの修理や加工、ラッシングベルトの巻き直しまで各種物流機器の修理対応も承っております。商品を販売させて頂くだけではなく、ご購入頂いたその瞬間からお客様との本当のお付き合いが始まるものと捉え、お客様が1つの製品を最大限にご活用いただけるよう、末長くお手伝いをさせていただきます。

EQUIPMENT 設備・機材

マルイチの
高品質な製品が
出来上がるまで

マルイチの高品質な製品は一朝一夕に出来上がるものではありません。
生産性の高さを重視した機材、それらを使いこなす職人の腕が合わさって初めて完成させることができます。

溶着作業では、製造部社員全員がハイブリッド溶着機に頼らず汎用型溶着機を使用して製品を製造することができます。ハイブリッド溶着機は自動溶着が可能ですが、それは特定の規格に沿った工程に限られます。作業の速さや、繊細な技術を要求される行程が含まれると、ハイブリッド溶着機では対応が困難であり、そのような場合には職人が手法を考案し、手順を組み立て、汎用型溶着機を駆使して製品を仕上げる必要があります。

縫製作業についても同様で、工程上プログラム式電子ミシンを使用することもありますが、状況によっては生地の知識と縫製技術を熟知した職人が汎用ミシンを使い、速く正確な縫製を行うことで製品を作り上げていきます。

また、新製品開発には、新しい手法や技術を生み出す力が必要となり、既存の方法にとらわれず手を動かして一から問題を解決する能力が必要不可欠です。
新製品開発や、お客様の様々な要望に応えるためには、これまで培ってきた知識・経験を織り交ぜ、臨機応変に対応できる職人の存在が欠かせません。

ミシン

ハトメ打ち

高周波ウェルダー

裁断機

「アナログ×ハイテク」
融合によって造られる高品質な製品

高品質な製品を仕上げるには、単に最新機器を導入するだけでは適いません。最新の設備と熟練された職人の技術力があって初めて実現するものです。
今や設計の現場に欠かすことのできないCAD(computer-aided design)を用いることで1/1000レベルの精密な図面を正確に書き上げ、その設計図を基に生地裁ちを行ないます。製品を作り上げる上で一番重要な骨格とも言えるパーツを最先端設備の裁断機で、効率よくスピーディに切り出していきます。寸分の狂いも許されないパーツは最新の裁断設備によって作り出されます。裁断機から切り出された生地はこの後、プロの職人の手で一つひとつ成形されていきます。ウェルダーの熱管理や、溶着具合の確認、生地が傷付いていないか、などを確認し更に手作業で芯材を入れ、再度、熱溶着を施して最終検査を行ないます。
こうした精緻な設計、裁断から切り出された生地にプロの職人が縫製・溶着など手をかけていき、最終検査をクリアすることでマルイチの製品が生まれます。最新の機械でもカバーすることの出来ない細部や仕上げは全て職人の手作業が必要なのです。最新の設備と熟練の業を会得した技術者、どちらか片方でも欠けてしまうと高品質な製品は完成しません。

マルイチは洗練された技術というアナログに最新機器というハイテクを融合させることで、これからもお客様が安心して使い続けられる高品質な製品を世に送り出していきます。

ACCESS アクセス

東名厚木IC降りてすぐ
10t車でも停められる30台収容の駐車場完備
商品を手に取って見ることができるマルイチ本社

弊社は、物流資材のメーカーおよび総合商社として、お客様のご要望にお応えできるよう、商品ラインナップの充実に力を注いでいます。
取り扱い商品点数は豊富に取り揃えており、自社製品をはじめ、様々なメーカーの製品を実際に手に取って見て頂くことができます。
最大30台収容の駐車場があり、10t車での御来場も可能です。厚木IC降りてすぐに位置していますので、輸送の途中にお立ち寄り頂き、商品をご購入いただくことも可能です。

株式会社マルイチ
〒243-0022 神奈川県厚木市酒井3162 マルイチビルヂング
TEL 046-220-1701