さらに詳しく カタログダウンロード

ML/SF-002-CL

ケースロック

ケースロックはマルイチが機能美にこだわって製作した次世代の荷崩れ防止ベルトです。
従来大きな手間となっていた装着、収納作業を極限まで簡素化。
構成する全てのパーツに無駄をなくしたデザインは美しさを合わせ持ちます。
トップブリッジ(天板)を用いることで装着時間は1人の作業で30秒を切ることが可能になりました。
収納も30秒の高速収納を実現。素早く美しく折り畳むことが出来ます。
その細部までこだわったデザイン性、機能性の高さを認められ、2015年度グッドデザイン賞を受賞。
ケースロックが物流の現場をクリエイティブに進化させます。
※特許出願中

SPECIFICATION 製品仕様

45-SM
トップブリッジ:300×1060mm
メインベルト:450 x 4300mm
固定用ファスナ:A面 200mm/B面1800mm

45-LM
トップブリッジ:300×1300mm
メインベルト:450 x 4700mm
固定用ファスナ:A面 200mm/B面2000mm

W-SM
トップブリッジ:300×1060mm
メインベルト:950 x 4300mm
固定用ファスナ:A面 200mm/B面1800mm

W-LM
トップブリッジ:300×1300mm
メインベルト:950 x 4700mm
固定用ファスナ:A面 200mm/B面2000mm

DETAILS 詳細写真

パレット輸送の荷崩れ防止策として広く使用されてきたストレッチフィルムですが、使用後ごみとして排出されることが、環境配慮の観点や処理の手間・コスト面から最重要課題となっています。また、商品搬入時にフィルムの回収を求める企業も増加傾向にあり、ISO14001では使用量削減が目標とされているなど、企業コンプライアンスの観点からも「脱ストレッチ」の流れは加速しています。
このような背景を受けて、ストレッチフィルムに代わる荷崩れ防止の方法が数多く生み出されていますが、荷崩れ防止ベルトもその1つ。しかし、4m以上もあるベルトを1人で装着し、収納することは至難の業です。マルイチの荷崩れ防止ベルト「ケースロック」はトップブリッジ(天板)を用いることでこれらの問題を一挙に解決。1人での簡単な荷締め作業を可能にしました。

ケースロックはパレット積みの荷物にかけて結束することで荷物をしっかりホールドします。一度導入してしまえば、その後荷物の固定に係る費用はゼロ。ごみの発生が完全になくなるのでごみ処理の手間、費用ももちろんゼロになります。
ストレッチフィルム(500mm×300M・1本700円)を1100×1100(mm)サイズのパレットに積んだ荷に3周巻きで1日1回梱包した場合と比較すると、ケースロックは約1年で導入時の費用を回収できます。
また、金属パーツは全て取り外すことが可能な設計となっており、各部クリーニングも可能です。
ごみもコストも削減できるエコノミーでエコロジーな製品、それがケースロックです。



ケースロック装着/収納手順

Maruichi Bld.7F 3162 Sakai, Atsugi, Kanagawa, Japan, 243-0022 © MARUICHI inc. All Rights Reserved.