物流資材で初!選ばれしグッドデザイン賞

2018-4-13

物流資材で初!選ばれしグッドデザイン賞

今週のブログテーマは今より少し時間をさかのぼって2015年のお話をお伝えしたいと思います。

マルイチ製品を使用しているお客様ならご存知かと思いますが、
マルイチオリジナルの物流資材「ロジボード」と「ケースロック」は2015年度のグッドデサイン賞をW受賞しています。
街中で度々見かける赤いGマークのロゴはグッドデザイン賞を受賞した製品のみに表示できる特別なロゴです。

そもそもグッドデザイン賞とは何か?というのを少し解説したいと思います。
グッドデザイン賞はデザインによって暮らしや社会をよりよくしていくための活動です。
1957年から約60年以上の伝統があるグッドデザイン賞は製品だけでなく建築やシステム、サービスで
有形無形を問わず、その質を評価されます。

物流資材で初!選ばれしグッドデザイン賞

グッドデザイン賞はデザインの優劣を競う制度ではなく、審査を通じて新たな発見をし、社会に共有することで次なる創造へとつなげていく仕組みです。(※グッドデザイン賞ホームページより抜粋)
グッドデザイン賞を受賞することで与えられるGマークロゴは国内で非常に高い認知度を誇り、グッドデザインを受賞した対象は一目置かれる存在となります。

物流資材で初!選ばれしグッドデザイン賞

物流資材で初!選ばれしグッドデザイン賞

機能性のみを追求していた物流資材に「道具」としての光を当てたいという思いで開発された
「ロジボード」と「ケースロック」は機能美を最大限に引き出した傑作と言えます。
物流業界においてグッドデザインとは結びつきが無く、縁遠いものでした。
しかし、グッドデザイン賞W受賞を獲得し、「優秀なデザイン」の中に物流資材として名を連ねたことで
輸送の空間に機能性だけでなくデザイン性が必要ということが認められました。

「いい道具には機能美がある」
これはマルイチが製品開発を行なう上で欠かすことの出来ないコンセプトの一部です。
MADE IN JAPANにこだわり、デザイン性能にもこだわることで
輸送にクリエイティブな空間を創造しつづけたいと考えています。

さて、ここからはグッドデザイン賞を受賞した人にしか貰うことの出来ない
レアなトロフィーとデザイン年鑑をご紹介します!

物流資材で初!選ばれしグッドデザイン賞

四角いトロフィーの中に浮かぶ赤い円はグッドデザイン賞のイメージカラーを模しています。
表面には擦りガラス加工にて、Gマークと「GOOD DESIGN AWARD 2015」という文章が施されています。
透明なうえ、文字が白いので写真に写りにくく、撮影になかなかの時間を要しました(笑)
トロフィーだけでとてもオシャレな雰囲気が漂ってきますね。

続いて分厚いデザイン年鑑にはおなじみのロジボードとケースロックの画像が掲載されています。

物流資材で初!選ばれしグッドデザイン賞

物流資材で初!選ばれしグッドデザイン賞

グッドデザイン賞を受賞した数々の中に2点も物流資材が堂々たる姿で並んでいます。
その勇姿は2015年度デザイン年鑑の「446ページ・447ページ」に公開されています。
もしデザイン年鑑を読む機会がある方はぜひ、確認してみてください!

物流資材で初!選ばれしグッドデザイン賞

目次にもマルイチの名前があり、グッドデザインを受賞したことが改めて実感できます。
デザイン会社や大手メーカーと並び受賞した経験は、今後も物流魂マルイチの新製品開発へと継承されていくのです。

by MARUICHI|2018-04-13 13:00|コラム メディアTrackback