スポーツ防護マット ボクシングジム編

2018-7-20

今回のブログでは、前回に引き続きスポーツ施設の安全対策にご利用頂いている、マルイチの特注防護マットを紹介していきます。

スポーツ防護マット ボクシングジム編

 

今回ご紹介するのは、ボクシングジムの防護マットです。

約一年前にご依頼頂き現在も使用して頂いているこちらの防護マットは、ジムの中にある鉄柱やコンクリートの柱に巻きつけて使用されています。

スポーツ防護マット ボクシングジム編

 

スポーツ防護マット ボクシングジム編

スポーツ防護マット ボクシングジム編

 

スパーリング中に激突しまうことがあり危険だった柱にも、防護マットを設置することで多くの選手を危険から守っています。

 

 

スポーツ防護マット ボクシングジム編

スポーツ防護マット ボクシングジム編

 

防護マットはタイラップで取り付けているので、誰でも簡単に取り付けが可能です。

 

2週間にわたって紹介してきました防護マットですが、その最大の特徴が縫製を使わないプレパック製法です。縫製では、水が入ってしまい中の芯材を傷めてしまう事がありますが、プレパック(熱溶着)製法なら、水の浸入を防ぎ、中の芯材を傷めることなく長く使用することが出来ます。これによりマルイチの防護マットは野球場やサッカー場などの屋外施設でも多くご利用頂いております。

 

今回ご紹介したように、スポーツ施設や公共施設には普段気付かないだけで、危険な場所が存在します。事故が起きてから、防護マットを設置するのではなく事故が起きる前に、普段から施設に危険な場所はないか探してみてください。もし、少しでも危険だと思う場所があればマルイチにご相談ください。実際に現場に行き診断させて頂きます。

 

マルイチには、物流の現場で活躍するトラック用緩衝材を作り続けてきた実績があります。その技術を応用させた防護マットを、今後も多くの施設に対応できるようさらなる技術の向上に努めていきます。

by MARUICHI|2018-07-20 10:00|防護マットTrackback